福島市の花屋|花の店サトウ 花とみどりのことはおまかせください。
  花束・アレンジメント・葬儀法事のお供え花・胡蝶蘭等のラン鉢・観葉植物

食べられるお花「エディブルフラワー」

エディブルフラワーとは

「edible」=食べられる「flower」=お花、のことです

観賞用の花とは違い、野菜と同じように安心して食べるためにつくられたお花です。
エディブルフラワーには品種もたくさんあります。様々なカラーが楽しめる上に、バランス良く多くの栄養素が含まれている事がわかってきました。

世界各地、特にヨーロッパを中心にオランダなどは、日常的にエディブルフラワーを使った料理が食べられています。ハーブもその一種です。 料理方法は様々あり、オランダの人々は見て楽しみ食べて楽しんでいます。

歴史的からみても、身近なところにエディブルフラワーがこっそりと繁栄していて、菜の花や食用ギク、シソの花は古くから日本人に好まれて食べていました。近年では、素敵なレストランやカフェでも提供されるようになり、目にした方もいらっしゃると思います。

野菜や果物と同じ様に、日常の食生活にエディブルフラワーを食べて・見て・知って・楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

<エディブルフラワーレシピ>

◆サラダやケーキの添え物や材料として

 *フレッシュサラダの彩りとして

   →普段通りにサラダを作って、仕上げにエディブルフラワーを載せるだけでパーティーメニューに大変身!

 *生春巻の材料として

   →生春巻きの皮から透けて見える色鮮やかな花がステキです。

 *ゼリーに埋め込んで

   →とっても写真映えする、大人も楽しめる可愛いゼリーになります。

 *ケーキのデコレーションとして

   →手作りケーキはもちろん、ケーキ屋さんのケーキにエディブルフラワーをのせれば、世界に1つだけの

    オリジナルケーキの出来上がり! きっと、お祝いやパーティーで思い出に残るケーキにります。

 *デコ弁の材料として

   →遠足などの特別なイベントのお弁当に入れるのもおすすめです。

 

 

◆お手軽に楽しむなら「バラのコンフィチュール」

福島県須賀川市のにこにこバラ園さんの、化学農薬を使わないで栽培した「ドラマチックレイン」というバラを使ったコンフィチュールがおすすめです。このコンフィチュールは、「ふくしまおいしい大賞」を受賞した、美味しさも認められた製品です。

ふつうのジャムよりもサラサラしていますので、グラスに入れて炭酸水で割ってローズスカッシュにしたり、ヨーグルトやアイスクリームにかけたりするのに最適です。

バラの花びらを食べるとほのかな香りがします。柔らかい花弁なので、口当たりはとても優しいのです。

特殊製法で苦みを抜いていますので、食べた時に「あ、美味しい」と思わず言ってしまう味に仕上がっています。

 

●にこにこバラ園さんの「バラのコンフィチュール」は、当店でも販売しております。

 在庫状況はお電話でご確認ください。

 

 

・・・・・ お花を食用にする際の注意点 ・・・・・

エディブルフラワーとして生産されていないお花には、食用に適さない農薬を使用していることもあります。

お花を召し上がる際は、必ず食用として販売されているものを使用してください。